医者が結婚相手として理想とする、女性像とは?

女性の皆さん、もし理想が叶うなら、素敵な医者と結婚したいですよね。医者は結婚したい男性の職業ナンバーワンで、多くの女性の憧れです。

 

だからこそ、例えば婚活パーティーなどに医者の男性が参加していた場合、わかりやすいほど女性はこぞってその男性をターゲットにするでしょう。高収入で頭も良く、人柄や顔も良ければ完璧ですからね。周りはライバルだらけです。

 

では、医者の男性を狙う女性の中でも、勝ち残って、男性の方から選んでくれるような理想の女性像とはどんなものでしょうか?特に医者の男性が理想とする女性像は、医者という特殊な職業と相性の良い女性の方が望ましいでしょう。

 

では、医者が結婚相手として理想とする女性像について、考えていきたいと思います。

 

家庭を任せることができる

医者はとにかく多忙であることが特徴の一つです。そのため、妻として家庭を安心して任せられることは第一条件です。一人で家事、育児をしっかりとこなし、夫の帰りを待つことができる家庭的な人が望ましいでしょう。

 

医者であることを顧みず、夫に「もっと私と一緒にいて!」と家に帰ることばかりを強要したり、家事や育児をするうえで、何でも夫の判断がなければ行動ができないような依存体質の女性は、煩わしく思われてしまうので注意が必要です。

 

忙しい夫を支える妻として、安心して家庭を任せられる家庭的な面や、一人でもたくましく家庭を守っていける芯の強さを持ち合わせていること、それは大前提となるでしょう。

 

安らぎや癒やしを与えてくれる

ただでさえ医者は忙しいのにも関わらず、仕事柄ストレスもたまりやすく、医者を務めている人は精神を病んでしまう人も多いと言います。仕事が続き、肉体的な疲れもたまります。家に帰ってきてもすぐに疲れて寝てしまう男性も多いでしょう。

 

医者の仕事で心身ともに疲れている夫を、癒やすように受け入れることができる女性は、医者の男性にとってとてもポイントが高いでしょう。普段が忙しいからこそ、家に帰ってきたら妻に甘えたり、家族団らんすることで安らぎを感じたいはずです。

 

女性としての広い心や、優しさ、細やかな気配り、愛くるしい笑顔など、相手に癒やしや安らぎを与えられる魅力を持っている女性は、医者の男性からは気に入ってもらえること間違いなしです。

 

 

忙しい仕事に理解ある聡明さ・柔軟さ

妻として、医者という特殊な仕事を理解し受け入れる姿勢は絶対に必要です。忙しくてなかなか家に帰れないことに文句を言ったり、いつも疲れていることを嫌がっていては、医者の妻など務まりません。医者の妻である以上、多忙なことは柔軟に受け入れなければならないことです。

 

また、医者は急患で真夜中や休日中の呼び出しもたくさんあります。せっかくの家族の予定が、急な呼び出しによって崩れてしまうことは避けて通れないでしょう。そこに「また仕事?」と文句を言っていては、今後の結婚生活の先が思いやられてしまいますね。夫も安心して仕事ができなくなってしまいます。

 

「これも医者だから仕方ないこと」と理解を示すことが大切です。さらには、「疲れていても仕事に出て、かっこいい」と医者である夫のことを誇らしく思えるくらいの器を持てると良いですね。

 

お金目当てではない

医者の男性が、結婚相手を選ぶときに意外と気にすることが、「お金目当てではないこと」です。確かに医者は高給取りで魅力的ですが、お金ばかりが目当てでは、結婚生活がうまくいくはずがありませんからね。

 

それに、お金に目がくらんで、自分の人柄などのもっと大切な部分を見てもらえないのは、大事な結婚相手を探す男性としては悲しいことです。医者としての給料だけが魅力で近づいていることがバレバレな女性は、すぐに結婚相手の候補からは外されてしまうでしょう。

 

夫婦における大切なものは夫の給料ではありません。人生のパートナーとして、楽しいこともつらいことも受け入れて乗り越えていくことができる女性が、何よりも最高の結婚相手のはずです。万が一医者を辞めるようなことがあっても夫についていける姿勢はしっかりと持っていなくてはなりません。

 

医者が魅力的な職業であることには変わりありませんが、しっかりと一人の男性として相手の人柄に良いところを見いだせること、この姿勢は絶対に持っておかなければ相手の男性にも失礼になってしまいますね。

医者と結婚すると分かる!苦労・大変なところ4点

超優良物件である男性医師。医者の男性を理想の結婚相手と追い求め、婚活に気合を入れる女性は非常に多いです。高経歴で高収入という素敵なステータスに、女性であれば一度は皆医者の男性とお近づきになれることに憧れてしまいますよね。

 

でも、憧れは憧れとして一旦置いておきましょう。そう、実際に医者の男性と結婚する場合、良いところばかりを見ていては、痛い目を見ることになるのは妻となる自分自身です。

 

今回は、医者の男性と結婚したときの、苦労するところや大変なところをあえて考えていきたいと思います。晴れて結婚できたのにガッカリするようなことにならないよう、医者と結婚したい女性はぜひ参考にしてくださいね。

 

家事・育児の手伝いは望めない

医者はとても仕事が忙しいことで有名です。休みはほとんどなく、仕事も朝から晩まで休憩を取る暇すらないほどだと言います。そこまで忙しい身ですから、当然家庭を顧みてもらえることには到底期待が持てないのが現実です。

 

夫婦同士の交流の時間はほとんどないでしょうし、子供が産まれた場合も育児に協力してくれる時間もなかなか持てないでしょう。育児の手伝いどころか、子供に会うことすらままならないほどです。

 

医者と結婚した場合、家庭で家事、育児などの面で困ったことがあったときは、基本的には妻一人で何でも対応していかなければならないことが予想されます。「それでも夫は絶対に医者がいい!」という強い願望や、不安がらない強いメンタルを持ち合わせていなければ、夫に八つ当たりしてしまうことにもなりかねません。

 

 

意外とお金の余裕がない

医者と結婚したい女性のほとんどは、その高収入で裕福な暮らしができることに期待をしているものです。確かに医者は他の職業と比べて非常に高給ですが、実際のところ、給料が高いからと言って裕福な暮らしはできるものなのでしょうか?

 

そう、必ずしもお金に余裕のある生活が約束されているわけではないのです。なぜなら、夫本人の奨学金の返済や、子供の教育費など、出費もかなり大きくなってしまう傾向にあるためです。

 

医学部は一番学費がかかる学部だと言われているため、いくら実家がそこそこお金持ちでも奨学金を利用する人は多くいます。そしてその分返済額も非常に高額になりますし、何年も返済期間は続きます。医者の子供は良い教育を受けさせたいがために私立を受験させることも多いでしょうから、教育費もばかにならないのです。

 

それにもし、医者として独立し、開業する場合は開業資金もかかります。考えただけでも相当お金が出ていきそうで少しゾッとしますよね。意外とお金の余裕がない可能性もあることは、覚えておきましょう。

 

患者からの重責・クレーム・訴訟の可能性がある

人の命を預かる仕事である医者は、尊敬される職業ではありますがその分とても責任の重い仕事です。医療ミスには当人たちも十分注意していることですが、医療の現場では医療ミスや患者によるクレームはつきものです。

 

もし夫が裁判沙汰に巻き込まれてしまうようなことがあれば、損害賠償を請求されたり、家族ごと社会的な制裁を受けてしまう可能性があります。今までは医者として順風満帆な出世コースを歩んでいたのに、ある日突然転落……なんてことも全くありえないことではありません。

 

医者は責任が重い仕事だからこそ周囲に誇れる仕事ではありますが、その分クレームや訴訟などのリスクがあることは事実です。妻としてそれすらも受け止められる覚悟は必要でしょう。

 

浮気や不倫の心配とリスク

先述のように、仕事で帰りが遅く、休日出勤もざらにあるのが医者というものです。家に帰らない日も多くありますから、家に一人残されている妻は心配が尽きないでしょう。

 

特に不安になるのが、夫の浮気や不倫です。それだけ夫婦同士顔を合わせる機会が減ってしまうのですから、夫が浮気に走ってしまうこともゼロではありません。すれ違いが続き、夫婦としての愛が冷めてしまえば、男性はすぐ浮気に手を染めてしまいがちとも言いますからね。

 

家でただじっと夫の帰りを待つことしかできないことも、浮気や不倫の心配を更に煽ることでしょう。もちろん、それでも妻一筋な誠実な男性を見つけられることが理想ですが、浮気の心配と常に戦っていかなければいけないことは、覚悟しておかなければならないでしょう。

女性必見!医者と結婚するメリット5つ

女性なら誰でも一度は、医者との結婚に憧れたことはあるのではないでしょうか?高学歴で高収入、そして周囲からの評価も高い医者なら、結婚して何不自由なく暮らせそうな気すらしてしまうほどですよね。

 

女性からの人気が高い医者の男性ですが、もし本当に結婚するとなれば、実際のところどんなメリットが期待できるのでしょうか?医者との結婚に憧れる女性なら、具体的に知っておきたいはずです。

 

そこで今回は、医者と結婚するメリットについて、以下でご紹介したいと思います。期待どおりのメリットから、予想外の嬉しいメリットまで、たくさんあるので女性の方は必見です。

 

余裕のある暮らしができる

医者と結婚することに憧れる女性の多くは、やはり収入面での理由が大きいのではないでしょうか?やはり医者といえば高収入で花形の職業です。そのため、結婚してお金に不自由するようなことはなかなかないと言えるでしょう。

 

それどころか、ある程度若いうちから、広いマイホームを購入できたり、タワーマンションに住むことができたりと余裕のある暮らしが期待できます。子供が産まれた際も、私立の学校に入れることも考えることができます。

 

もし夫が出世し、病院の医院長クラスにでもなることがあれば、セレブの仲間入りも夢ではありません。高収入な医者と結婚することで裕福な暮らしができることは、最大のメリットと言っても過言ではないでしょう。

 

潰しが効き、給与面の安定性高い

医者は皆国家試験を受け医師免許を持ちます。その免許こそが医師たる仕事ができるゆえんなのです。そのため、もし何かトラブルなどがあって現在の職場を辞めることがあっても、医師免許をはく奪されるようなことがなければ再就職の選択肢はたくさんあります。

 

女性にとって、仕事を頑張る男性と結婚した際、一度は懸念するのが夫のリストラです。大企業に勤めている夫でも、リストラされてしまえば再就職に困ってしまうことはあるでしょう。しかし医療現場では常に医師不足が叫ばれています。もし今の職場を離れることになっても、別の医療機関に就職することは容易いことでしょう。

 

このように、給与面の安定性が高いことは妻となる女性にとっても安心なことです。場合によっては開業医になることも可能ですから、潰しが効きやすい職業として、非常に大きな強みを持っています。

 

子どもの教育に投資できる

上でもお伝えした通り、収入に期待ができるため、子どもの教育費をケチることなく使うことができるのは大きなメリットです。子どもの自由意志は尊重しつつも、由緒ある学校に通わせ、高水準の教育を受けさせることができるのであれば、それに越したことはありません。

 

私立の学校に通うことができれば、子どもも悪さを覚えることなく育ちの良い子として成長できることにも期待が持てます。夫と同じように医者を志す道も応援できるので、親としては有難いですよね。

 

周りからの評判がいい

皆が憧れる花形の職業、それが泣く子も黙る医者です。友人、親族、職場の人など周りからの評判がいいことは言うまでもありません。周りに自分の夫となる人を紹介するとき、「医者です」と伝えられるのは、自分も誇らしく思えるはずです。

 

特に女性にとってうれしいのは、両親に紹介するときにまったく困らないという点でしょう。娘の結婚相手が医者と聞いて、嫌がる両親はなかなかいません。むしろ歓迎されることがほとんどでしょうから、このような点で困らないのは非常に大きなメリットとして安心できるはずです。

 

健康面でも安心

夫が医者であれば、健康面でも進んで力になってくれることでしょう。病気や怪我などがあった際も、相談できる人が家庭の中にいるなんて、これほど心強いことはありません。

 

特に子どもがもし病気になったとき、初めてのことで慌ててしまう女性は多いです。そんなとき、医学に精通している夫がいれば困ることはありませんね。いざというときに頼りになる知識を持っていること、これは妻として非常に安心できるポイントです。