男性医師はどんな人が多い?医者を務める男性の特徴

高学歴、高収入……結婚したい男性の職業の中でもトップクラスの人気を誇る医者ですが、医者を務める男性はどのような特徴を持った男性が多いのでしょうか?

 

医者と言えば、頭が良さそう、お金持ちそう、という想像はできても、なかなかその詳しい人物像までは、実際に深く接してみないとわからないものです。男性医師と結婚したい女性なら、その性格の特徴はあらかじめつかんでおきたいですよね。

 

今回は男性医師が持つ特徴について、以下にまとめてみました。いざ合コンなどで医者を務める男性と出会うチャンスがあったとき、しっかりとモノにできるよう、ここで男性医師の特徴について予習しておきましょう。

 

真面目で努力家

医者を務める男性は、一つのことを真っすぐにこなす真面目さと、それを続ける姿勢を持った努力家であることが多いのが特徴的です。なぜなら、まず医者になるためには難関と言われる医学部への進学、そして医師免許を取得するための国家試験をパスしなければならないからです。

 

それは一朝一夕の簡単な努力で実るものではありません。医者を志した理由がどのような理由にせよ、生半可な気持ちで務まるものではないので、医者になるための努力を昼夜惜しまなかったということは事実なのです。

 

そのため、医者を務める男性は、言われたこと、やるべきことを真面目にこなす姿勢や、そのことが大変でも努力できる強さは当然のものとして備わっているのです。人として真面目で努力家であるということは非常に魅力的ですし、周囲からも評価が高いです。

 

体力がある

医者は体育会系というよりも理系でインドアな印象が強く、あまり体力は無さそうと思う女性も多いのではないでしょうか?実はそんなことはなく、むしろ男性医師には体力がある人が非常に多いのです。

 

なぜなら、とにかく仕事が激務のため、長時間勤務が続くことが多いからです。病院は非常に忙しく、時として医者はまとまった休憩やご飯を食べる暇すらないこともあると言います。そのような過酷な状況が続くため、当然体力のない男性に医師は務まりません。

 

体を鍛えているわけではなくても、激務をこなす体力は男性として備わっているのが医者です。理系でひ弱そうな印象もある医者ですが、いざというとき男性として頼りになるのは、その職業から感じるギャップもあって素敵ですよね。

 

実家はお金持ち、育ちがいい

医者になるためには、学力も大事ですが、同時に大事なのが財力です。医学部に入ることは、非常にお金がかかることなのです。私立の医学部ともなれば、卒業までにかかる学費は安くても2000万以上はかかると言われています。とんでもない数字ですね。

 

その分医者になれば高収入が見込めるわけですが、このように医学部で相当お金がかかる性質上、医者を志す人は実家がお金持ちである傾向が強いです。また、親も同じく医師だったりと、親族にも関係者がいることが多いため、家は当然お金持ちにもなりますよね。

 

医者の家系で育つと、幼い頃から英才教育を受けていることが多いため、育ちの良い、いわゆる「お坊ちゃん」タイプの人がほとんどです。育ちが良い分、やんちゃをしていた経験もなく、女性に優しい紳士な男性が多いでしょう。

 

理屈っぽいところもある

医学はいわゆる理系の学問です。理系の男性は少し理屈っぽいところが強い男性が多いのが特徴です。あまり「感情」や「情緒」といったあいまいなものよりも、現実主義な考えを持っているところがあります。

 

そのため、すぐに感情的になってしまう人や、情緒、趣などを重視する人とは、意見が食い違ってしまうことが多いです。理屈っぽいことが苦手な人は、男性医師とはもしかすると相性があまりよくないかもしれません。

 

しかし、物事を理論的に考えることができることは、感情に流されず、冷静に判断ができるということです。考え方に偏見も生まれにくく、先入観だけで人を見るようなことはしない良さもあります。また、知識量に感服する人も多いはずです。