医者と結婚すると分かる!苦労・大変なところ4点

超優良物件である男性医師。医者の男性を理想の結婚相手と追い求め、婚活に気合を入れる女性は非常に多いです。高経歴で高収入という素敵なステータスに、女性であれば一度は皆医者の男性とお近づきになれることに憧れてしまいますよね。

 

でも、憧れは憧れとして一旦置いておきましょう。そう、実際に医者の男性と結婚する場合、良いところばかりを見ていては、痛い目を見ることになるのは妻となる自分自身です。

 

今回は、医者の男性と結婚したときの、苦労するところや大変なところをあえて考えていきたいと思います。晴れて結婚できたのにガッカリするようなことにならないよう、医者と結婚したい女性はぜひ参考にしてくださいね。

 

家事・育児の手伝いは望めない

医者はとても仕事が忙しいことで有名です。休みはほとんどなく、仕事も朝から晩まで休憩を取る暇すらないほどだと言います。そこまで忙しい身ですから、当然家庭を顧みてもらえることには到底期待が持てないのが現実です。

 

夫婦同士の交流の時間はほとんどないでしょうし、子供が産まれた場合も育児に協力してくれる時間もなかなか持てないでしょう。育児の手伝いどころか、子供に会うことすらままならないほどです。

 

医者と結婚した場合、家庭で家事、育児などの面で困ったことがあったときは、基本的には妻一人で何でも対応していかなければならないことが予想されます。「それでも夫は絶対に医者がいい!」という強い願望や、不安がらない強いメンタルを持ち合わせていなければ、夫に八つ当たりしてしまうことにもなりかねません。

 

 

意外とお金の余裕がない

医者と結婚したい女性のほとんどは、その高収入で裕福な暮らしができることに期待をしているものです。確かに医者は他の職業と比べて非常に高給ですが、実際のところ、給料が高いからと言って裕福な暮らしはできるものなのでしょうか?

 

そう、必ずしもお金に余裕のある生活が約束されているわけではないのです。なぜなら、夫本人の奨学金の返済や、子供の教育費など、出費もかなり大きくなってしまう傾向にあるためです。

 

医学部は一番学費がかかる学部だと言われているため、いくら実家がそこそこお金持ちでも奨学金を利用する人は多くいます。そしてその分返済額も非常に高額になりますし、何年も返済期間は続きます。医者の子供は良い教育を受けさせたいがために私立を受験させることも多いでしょうから、教育費もばかにならないのです。

 

それにもし、医者として独立し、開業する場合は開業資金もかかります。考えただけでも相当お金が出ていきそうで少しゾッとしますよね。意外とお金の余裕がない可能性もあることは、覚えておきましょう。

 

患者からの重責・クレーム・訴訟の可能性がある

人の命を預かる仕事である医者は、尊敬される職業ではありますがその分とても責任の重い仕事です。医療ミスには当人たちも十分注意していることですが、医療の現場では医療ミスや患者によるクレームはつきものです。

 

もし夫が裁判沙汰に巻き込まれてしまうようなことがあれば、損害賠償を請求されたり、家族ごと社会的な制裁を受けてしまう可能性があります。今までは医者として順風満帆な出世コースを歩んでいたのに、ある日突然転落……なんてことも全くありえないことではありません。

 

医者は責任が重い仕事だからこそ周囲に誇れる仕事ではありますが、その分クレームや訴訟などのリスクがあることは事実です。妻としてそれすらも受け止められる覚悟は必要でしょう。

 

浮気や不倫の心配とリスク

先述のように、仕事で帰りが遅く、休日出勤もざらにあるのが医者というものです。家に帰らない日も多くありますから、家に一人残されている妻は心配が尽きないでしょう。

 

特に不安になるのが、夫の浮気や不倫です。それだけ夫婦同士顔を合わせる機会が減ってしまうのですから、夫が浮気に走ってしまうこともゼロではありません。すれ違いが続き、夫婦としての愛が冷めてしまえば、男性はすぐ浮気に手を染めてしまいがちとも言いますからね。

 

家でただじっと夫の帰りを待つことしかできないことも、浮気や不倫の心配を更に煽ることでしょう。もちろん、それでも妻一筋な誠実な男性を見つけられることが理想ですが、浮気の心配と常に戦っていかなければいけないことは、覚悟しておかなければならないでしょう。